製造設備、検査設備、搬送設備の企画、設計、製作

メインボディ-車種切替システム

メインボディ-車種切替システム

メインボディーサイドゲート標準車種切替システム

 

このシステムは、顧客から要求されるメインボディー仮付工程を、迅速に対応することを目的としたものです。さまざまな車種のメインボディーを切り替えることのできるシステムを社内の研究棟に構築し、QCD改善作業を通して、いつでも受注できるように準備しています。

 

 

主な仕様
サイクルタイム: 51s(Gross)
稼働率: 85% 60JPH(Net)
溶接時間:21s (52s各4-5s/12ロボット)
車種横向き切替時間:7s
切替位置間の切替時間:7s
サイドゲートのスライド量700mm:2s
サイドゲート切替スライド量1400mm:3s
4-6車種切替可能

 

耐久テスト試験の様子

 

 

 

関連ページ

車体溶接ラインの構築
車の溶接ラインは、大連オート社が長年の経験を積んできた技術です。大手車メーカーに確かな納入実績を持っています
各種搬送システム
大連オートの搬送システムはほとんどがオリジナルの製品であり、数多くの実績を持っています。
ロボットローラーヘミング
ロボットローラーヘミングは、2010年にドイツFLT社から基本技術を取得し、大連オート内に社内実験室を設けています。
スプリングバランサー
大連オートのスプリングバランサーは中国国内で50%以上のシェアを持っています。
自動販売機生産ライン
大連オートでは、車以外の製品の生産ラインも受注しています。
マルチ組立パレット
マルチ組立パレットは、さまざまパーツに柔軟に対応できるようにした多目的のパレットです。
各種レーザー溶接
大連オートでは。数多くのプロジェクトにおいて、レーザー溶接を活用しています。
アルミニウムスポット溶接
大連オートでは、2013年からアルミニウムスポット溶接技術を導入し、社内実験室において、ソフト・ハード両面での研究を進めています。
インパクト エア リベット
大連オートでは、リベットを高速で射出可能なインパクトエアリベット技術を、2012年から着手しました。
セルフピアスリベット締め
大連オートでは2008年からこの技術を導入し、シミュレーション、組立、品質調整、メンテナンスにおける専門チームを編成しています。
ネジ生成リベット締め
大連オートでは、2012年からネジ生成リベット技術を導入し、シミュレーションからメンテナンスに至る専門チームを社内に編成しています。
クリンチング接合
大連オートでは、2012年からクリンチング接合技術を導入し、シミュレーションからメンテナンスに至る専門チームを社内に編成しています。
バーチャルコミッショニング
デジタルシミュレーション技術により、ラインのトライアウト前にPC上でシステムを検証することで不具合リスクを回避します。

ホーム RSS購読 サイトマップ
会社案内 関連会社 製品・技術紹介 開発案件紹介 リクルート情報 お問い合わせ 工作室